まかせて安心!八千代市のリフォームで評判の会社ガイド

八千代市のご家族のためのリフォーム会社ナビ

HOME » リフォームでより良い住まいづくりのススメ(千葉編) » いくらあればいい?リフォームの資金計画

いくらあればいい?リフォームの資金計画

リフォームに必要な費用の相場を、キッチン・浴室・リビング・外壁に分けて詳しく解説しています。リフォームの資金計画の立て方や、利用できるローンの種類についてもチェックしておいて。

リフォームの費用相場を部位ごとにチェック

リフォームの費用相場を、キッチン・浴室・リビング・外壁といった家屋の部位ごとにご紹介しています。リフォームを計画的に行うためにも、おおよその目安をつけておきましょう。

キッチン

システムキッチンの場合、コンロなど一部機器入れ替えであれば10万円前後。システムキッチン全体を交換する場合は、50万円くらいから可能となっています。ただし、壁付きキッチンをアイランド型にしたり、新規にキッチンを造作する場合の予算は、内装だけでなく配管工事等も入るため100~150万以上を考えておいた方が良いようです。

浴室

浴槽のみの交換は30~40万、ユニットバスをまるごと交換する場合は100万円前後の予算が必要となります。浴室の形態には「ユニットバス」と昔ながらの「在来工法」があり、在来工法をユニットバスに変える場合は、さらに数十万円の上乗せを考えておいた方が良いでしょう(解体費用・配線工事等が入るため)。

リビング

壁紙やフローリング等の貼り替えは、施工面積によって費用が変化。壁紙は10~30万円、フローリングは10~40万円ほどが相場となっているようです。床暖房をプラスする場合は100万円近くなる場合もありますし、和室を洋間に変更するなどの大幅なリフォームはさらに費用が必要となります。「どのようなリビングにしたいのか」を明確にし、具体的に計画を練っていくようにしましょう。

外壁

家屋全体の外壁塗装の予算は、100~120万円前後。部分的な補修・メンテナンスであれば10万円前後の価格帯が中心となるようです。ただし、外壁にはサイディング・モルタル・タイル・レンガ・木材などの素材があり、種類によって価格は大きく変化します。また、一戸建ての外壁は外側から劣化を確認しやすいため、リフォーム業者の訪問販売のターゲットになりやすいです。飛び込み営業や点検商法に引っかからないよう、くれぐれもご注意ください。

リフォームの資金計画を立てましょう

リフォームしたい部分と予算の目安がついたら、資金計画を立てましょう。まずは、自己資金をどれだけ準備できるかをチェック。リフォームに充てられる預貯金はもちろん、親からの資金援助がある場合は具体的な金額を把握しておきます。さらに、リフォームローンの利用を考えているなら、その種類と特徴についても確認しておきましょう。

  • 公的機関による融資
    住宅金融支援機構・財形住宅融資・自治体融資など、公的金融機関から資金を借り入れる方法。民間の金融機関に比べて金利が低く、返済期間も長めに設定されているのがメリット。借入の条件がやや細かい(年齢や改装面積など)のがデメリットです。
  • 民間の金融機関
    都市銀行・地方銀行・信用金庫などの民間金融機関でも、リフォームローンを提供しています。公的融資よりも金利は高くなりますが、融資条件がやや緩いのがメリット。条件をクリアすれば、希望金額のほぼ100%を融資してもらえます。また、ローンの種類も豊富に用意されており、自分に合ったものを選ぶことができます。
  • クレジット会社
    クレジット会社からもリフォーム資金を融資してもらうことができます。公的融資や民間融資よりも手続きが簡単で、審査も通りやすいのが特徴。ただし、他のローンに比べて金利が高く、融資の限度額も低くなっています。また、返済期間も短く設定されているため(10年以内がほとんど)、利用する場合は返済計画をしっかり立てておくことが重要です。
 
まかせて安心!八千代市のリフォームで評判の会社ガイド