まかせて安心!八千代市のリフォームで評判の会社ガイド

八千代市のご家族のためのリフォーム会社ナビ

HOME » リフォームでより良い住まいづくりのススメ(千葉編) » 二世帯住宅へリフォームする際に気をつけたいポイント

二世帯住宅へリフォームする際に気をつけたいポイント

二世帯住宅には2つのタイプがある

二世帯住宅には「同居型」と「分離型」と2つのタイプがあります。

二世帯住宅を建築する際には、もちろん予算も需要なチェックポイントですが、まずは、居住する世帯同士の距離感を決めて、どちらのタイプが適しているか確かめることが大切です。

同居型は、1つの住宅で二世帯が一緒に生活することが前提の住宅タイプです。

一方、分離型は同じ敷地内や建物であっても生活は別となるタイプです。

1.「同居型」では予算を抑えることができる

同居型のメリットは、予算を抑えることができるという点が大きいでしょう。
キッチンやバスルームなどの水回り、玄関といった費用のかかる部分を共用にすることで、大幅に予算を抑えることができます。

また、親世帯の見守りがしやすいので、健康面なども管理でき、万が一、体調が悪くなったときなども介護ができて安心ですよね。 デメリットとしては、お互いの距離感が近いためにプライバシーを確保しにくいという点です。

生活リズムが異なるとお互いがストレスになり、トラブルが起きやすいのが同居型の問題として取り上げられています。 対処法として、1階と2階で親世帯と子世帯の生活スペースを別にしたり、土地が広い場合は水回りを中心として左右にそれぞれの生活スペースを分けることで、お互いのプライバシーを確保しやすくなります。

2.「分離型」はお互いのペースで生活を続けられる

分離型は、生活スペースをしっかり区切ることで干渉し合わなくて済むという点が大きなメリットです。 必要なときだけ顔を合わせられるので、お互いのペースを乱されることがありません。

デメリットは、予算が高くなること、両世帯の見守りがしにくいという点です。 見守りについての対処法は、家の中からお互いのエリアに行き来できる階段などを設けることや窓ガラスなどを利用して様子を見れる場所を作っておくことでお互いの様子を確認しやすくなります。 また、お互いの様子が確認できる場所を作ることで、比較的コミュニケーションも取りやすくなります。

 
まかせて安心!八千代市のリフォームで評判の会社ガイド